事例

ホーム > 事例 > 交通事故 > 

交通事故

 自動車事故など、事故によってけがをしたり、物を壊されたりした場合には、どのような解決が適切なのでしょうか。

加害者や保険会社の提示した金額に納得することができない

 交通事故によって損害を受けた場合は、相手方に損害賠償を請求することができますが、支払ってもらえないときや提示された金額に納得できないときは、以下のような解決方法があります。

 弁護士があなたに合った解決方法をアドバイス・サポートします。

 

  • 相手方(または保険会社)との示談
  • 日弁連交通事故相談センターでの示談あっせん
    損害賠償の交渉で相手方と話し合いがつかないときに、当センターの弁護士が間に入り、公平・中立な立場で示談が成立するようお手伝いします。
    調停の民間版とでも言うべき制度で、早期に適正な賠償額での解決に努めています。
  • 交通事故紛争処理センターでの和解、裁定
    公益法人である交通事故紛争処理センターが、当事者間において損害賠償などの問題について解決が図れないときに、公正・中立の立場で、無償で紛争解決するためのお手伝いをするものです。
  • 調停
    裁判官のほかに良識ある民間人2人以上が加わって組織された調停委員会が、必ずしも法律にしばられないで実情にあった解決をめざして当事者を説得し、その結果、当事者が合意することによりトラブルを解決しようとする制度です。
  • 訴訟
    裁判官が、当事者双方の言い分を聞き、証拠を調べた上で、法律に照らしてどちらの言い分が正しいかを決める制度です。

交通事故の加害者になってしまった

 事故の加害者となってしまった場合に、どのような解決が適切であるかについても適切なアドバイスをいたします。

 紛争解決方法としては、下記のようなものがあります。

  • 相手方(または保険会社)との示談
  • 日弁連交通事故相談センターでの示談あっせん
    損害賠償の交渉で相手方と話し合いがつかないときに、当センターの弁護士が間に入り、公平・中立な立場で示談が成立するようお手伝いします。調停の民間版とでも言うべき制度で、早期に適正な賠償額での解決に努めています。
  • 交通事故紛争処理センターでの和解、裁定
    公益法人である交通事故紛争処理センターが、当事者間において損害賠償などの問題について解決が図れないときに、公正・中立の立場で、無償で紛争解決するためのお手伝いをするものです。
  • 調停
    裁判官のほかに良識ある民間人2人以上が加わって組織された調停委員会が、必ずしも法律にしばられないで実情にあった解決をめざして当事者を説得し、その結果、当事者が合意することによりトラブルを解決しようとする制度です。
  • 訴訟
    裁判官が、当事者双方の言い分を聞き、証拠を調べた上で、法律に照らしてどちらの言い分が正しいかを決める制度です。
法律相談の申し込み

↑PAGE TOP